Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/2   >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座、松村保誠、科目、勉強の順序 >> 格安!宅建最短合格音声講座 松村保誠 科目ごとの勉強の順序

格安!宅建最短合格音声講座 松村保誠 科目ごとの勉強の順序

JUGEMテーマ:宅建


 無理なくムダなく学習できる!
松村保誠先生の格安の宅建最短合格音声講座は、科目ごとの勉強の順序など、
徹底した学習の効率化を意図して作成された講座です。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



宅建試験の科目ごとの勉強は、どのような順序で行っていますか?
ご存じのよに宅建試験の学習範囲は広いので、闇雲に勉強してもなかなか理解できる
ものではありません。


その為、合格するには各科目を効率よく行うための、科目ごとの勉強の順序も大切に
なってきます。
そして、通常、宅建試験のテキストは、権利関係、宅地建物取引業法、法令上の制限、
その他という流れで構成されています。
宅建講座もこのような順序でのカリキュラムで組まれているところが多いです。


ですが、あなたが独学で勉強するようなら、同じようにやるのは効率が悪いです。
と言うのも、宅地建物取引業法の学習するにあたって、法令上の制限の知識がないと
いちいちテキストや過去問などを使って調べなければいけなくなるからです。


これは時間のロスになるのは明らかですし、効率よいとは決して言えませんよね。
何より、法令上の制限は宅地建物取引業法に比べて内容がはるかに難しいので、後に
回すほど追い込みが利きにくい科目なんです。


このようなことから、なるべく早い時期から試験対策をしておいたほうが良いのです。
ですので、お勧めなのは、権利関係、法令上の制限、宅地建物取引業法、その他という
順番で行うようにしたほうが良いです。


一方、宅建講座を利用している場合は、通常の科目ごとの順序で学んでも殆ど問題が
起こることはありません。
何故なら。法令の知識が必要な個所には、講師がフォローを行ってくれるからです。


ですから、独学で合格を目指す方は、効率よく勉強できる法令上の制限から勉強して、
その後に宅地建物取引業法という順序で勉強するようにしたほうが、効率よく合格
出来るしょう。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる




takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座、松村保誠、科目、勉強の順序
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2017、松村保誠、民法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2018 松村保誠 民法の勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2018 松村保誠 民法の勉強法

JUGEMテーマ:宅建


 民法は理解と効率を追求するのが合格の近道!
松村保誠先生の格安の宅建最短合格音声講座2017は、難しい民法でも費やした時間に対して
得点が上がりやすい、効率的な勉強法が出来ます。



>>宅建最短合格音声講座2018の詳細を見てみる



民法の勉強法でお悩みではありませんか?
福利関係の出題分野は大きくは民法と特別法の2つに分けられますね。


特に民法は広く深い法律なので、全ての項目について勉強し、宅建試験に合格する為の
準備をすることは、いくら宅地・建物に関連性の高いものに絞ったとしても、費やした
時間に対して、得点が上がらない結果になってしまう恐れがあるのです。


その為、民法で効率よく勉強し合格するには、過去の出題例を踏まえて、出題される可能性の
高い分野を最優先に学習することがコツになります。
そして、過去に出された問題は確実に出来るようにしておくことです。


また、民法の勉強方法の基本は、まずは理解することです。
手当たり次第に覚えるようにしても、他の分野では上手くいっても、こと民法では事例形式
の設問が多いので、かえって非効率になる場合が多いのです。


もちろん、覚えなければ点数が取れない問題もありますが、まずは理解するという気持ちが
大切でしょう。


一方、借地借家法や建物区分所有法、不動産登記法などの特別法は、覚えなければ点数が
取れないことが多いので、その分、記憶の要素が大きいでしょう。


また、特別法は学習する量は少ないのですが、この分野は必ずといっていいほど出題されるので、
しっかり理解して、覚えるべきところはどんどん覚えるようにすれば、民法でも点数もしっかり
稼げるようになれます。、


なお、この松村保誠先生の格安の宅建最短合格音声講座は、回数無制限の電話・メール質問権
もあり、分からないことをそのままにしておくということがなくなり、効率よく理解と知識を
深められ、合格にグッと近づけるでしょう。

宅建最短合格音声講座2018の詳細を見てみる



takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2017、松村保誠、民法
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2016、松村保誠、宅建業法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2018 松村保誠 宅建業法の攻略

格安!宅建最短合格音声講座2018 松村保誠 宅建業法の攻略

JUGEMテーマ:宅建

 宅建業法は最大の得点源だ!
松村保誠先生の格安の宅建最短合格音声講座2018は、時間ばかりかけて無駄な時間をかけることなく
最短で宅建試験に合格出来る勉強方法です。


>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



宅建試験に合格するには、民法で安定した得点が期待出来なくなった近年の出題傾向から、
宅建業法を攻略して高得点とることが大切になりますね。


何故なら、宅建試験の全問題数50問のうち、20問は宅建業法だからです。
そこでくまなく丁寧に、どんな問題が出ても対処できるように、準備しておくことが必要
でしょう。


過去問題集はやるのはもちろん、他の科目ではあまり推奨しない予想問題集も宅建業法に
関しては活用すべきです。
したがって、宅建業法の各項目は手を抜くことが出来ませんが、その中で一つだけいいのが
報酬計算でしょう。


報酬の計算は、考え方さえ分かればとても簡単だからです。
とは言え、単純だからこそ練習をしなくなりがちで、正解を出すのに10分以上かかって
しまうこともあります。


繰り返し練習をしても、どうしても出来ない人は思い切って捨てたほうが良いかもしれませんね。
また、宅建試験での勉強では、条文読みは必要ありません。答えを導く近道にならないばかりか、
不適当な場合が多いのです。


ですので、宅建業法でまずやるべきなのは、「宅建業の定義」「免許・登録の基準」「営業保証金」
「保証協会」「媒介契約の規制」「重要事項」「契約書面の交付」「業者自ら売主の八種制限」
「案内書等の届出」「「監督処分」などです。


また、報酬計算と罰則は後回しでも構いません。
いずれにしても、宅建業法は最大の得点源なので、ここで得点を稼いでおけば、合格にぐっと近づく
ことが出来ます。


ですが、宅建試験の受験生の中には、こんな勉強のやり方では、今年も試験は受かりそうもない
と言う人を見かけます。


しかし、受験生の殆どは、仕事の関係で今回はどしても合格証書が欲しいと言う人や、やるからには
必ず受かりたいと考えているでしょうから、現実と意欲のギャップを何とかして埋めたいと思って
いる方には、迷わず松村保誠先生の宅建最短合格音声講座2016を受講することをお勧めします


試験に出るところを集中して効率良く学べ、十分な知識がなくても正解に至るテクニックや問題の
形式から正解肢を推測して得点する方法も学べ、難問対策や判例対策などやらなくても、40点以上の
高得点で合格することが十分に可能になるでしょう。


宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる






takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2016、松村保誠、宅建業法
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2015、松村保誠、覚えられない >> 格安!宅建最短合格音声講座2018 松村保誠 覚えられないも解消

格安!宅建最短合格音声講座2018 松村保誠 覚えられないも解消

JUGEMテーマ:宅建

 覚えられないと苦労するのはやめませんか?
松村保誠先生の格安のは、時間に追われている方や何度も受験に失敗した方でも、
覚えられない悩みは一気に解消することが出来、記憶を高め最短で合格することが
期待出来ます。



>>宅建最短合格音声講座2018の詳細を見てみる



あなたは覚えたつもりの筈が、少し先に進むと忘れてしまい一向に知識が身に
つかないでいませんか?


そもそも人間の記憶力には限界があり、忘れてはいけないことも忘れてしまうんですね。
これは人間が生きているために起こる生理現象であり、人間の脳は、穴のあいたバケツと
同じなんです。


ですが、宅建の資格をとろうと勉強している方は、忘れにくくする工夫をする必要があります。
つまり、勉強した知識(バケツで言えば水)の漏れる穴を小さくしていかないと、後になって
苦労するようになります。


ですが、バケツの穴から多少水が漏れても、漏れた量より多く水をバケツに入れ続ければ、
水は確実に増えるように、勉強して覚えた知識も同じで、忘れた以上に知識を頭に入れ
続けていれば、知識は確実に増えて行くのです。


ですが、頭にインプットした知識の大部分を忘れてしまうようでは、一向に知識が蓄積
しません。
漏れている知識の量を少なくしないと、勉強時間の割には知識が身についておらず、
実力があがりません。


ですが、いくらバケツの穴を埋めるように記憶して、忘れる量を少なくしても、知識と
言うのは少しずつ忘れていくものなんですね。
それをカバーし記憶を高めるには、適当な時期に忘れた部分を再度覚えなければいけません。


そして、宅建試験の受験される方が、短期合格するためには「基礎事項をしっかり
マスターすること」に集中することです。

この基礎事項をしっかりマスターするためには、重要論点に的を絞った学習効率の良い
テキストを利用して何度も繰り返し反復して記憶を高める勉強をする必要があります。



ですが、何も苦労して勉強することはありません。
この松村保誠先生の格安の宅建最短合格音声講座2015を利用すれば、通常速度でさえ、
一般的な宅建講座を受講するのに必要な時間の間に5回からも6回も反復学習ができて
しまうのです。



しかも、高速音声講義を使用すれば、記憶を強固にするのに役立つ「繰り返し学習」が、
通勤途中など隙間時間にいっでも気楽に行えます。


宅建試験の受験生は、現役のビジネスマンや主婦の方も多く、勉強にさける時間や時期も
違ってくるので、もし、あなたがより楽に、しかもより確実に合格したい!と考えている
ようなら、効率的に理解を深めることが出来、結果、時間とお金の節約にもなるので、最短で
合格したいという方は参考にしても損はないでしょう。

宅建最短合格音声講座2018の詳細を見てみる






takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2015、松村保誠、覚えられない
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2015、松村保誠、バージョンアップ >> 格安!宅建最短合格音声講座2015 松村保誠 バージョンアップ

格安!宅建最短合格音声講座2015 松村保誠 バージョンアップ

 秘密の宅建合格必勝法がバージョンアップ!
指導合格率80%超えの宅建講師である松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座」
が2015年度版から、従来より大幅にバージョンアップしました。



>>宅建最短合格音声講座6の詳細を見てみる



宅建最短合格音声講座2015のバージョンアップに伴う主な変更点は以下の2点となります。

1.講師自身による電話サポート
毎週日曜に電話質問会を開催し、講師に電話で直接、学習内容や学習方法について質問
できるようになりました。


さらに、宅建本試験、直前1ヵ月に関しては、毎日 電話質問会を開催。
もちろん、これまで通り、メールでの質問は回数無制限で利用して頂けます。


価格自体は高くなりましたが、それでも格安の同価格帯の通信講座ではメールサポートだけで、
しかも回数制限があるので、実際のところ、十分に質問が出来ない受験生が多いのが現状です。


2.講義時間のさらなる短縮
これまでの約21時間の講義時間が、14時間58分までに短くなり、これにより一般的な
宅建講座に比べ講義時間がおよそ5分の1程度の時間で一通り学べるようになりました。


これによって、さらなる学習効率があがり、宅建試験の合格に必要不可欠な暗記する
の為の辛くて面倒な「反復学習」が、この「宅建最短合格音声講座」を利用すれば、
ひときわ楽になります。



また、この宅建最短合格音声講座2015では受講生に対するサポートは全て指導合格率80%
超えの宅建講師である松村先生が自ら行います。
他の通信講座のように、宅建受験生に対する指導経験のないアルバイトスタッフがサポートを
行うようなことは一切ありません。



もう、これまでのように難問対策や判例対策などやらなくても、40点以上の高得点で合格する
ことは充分に可能になります。


また、宅建試験は、そもそもなくてはならない住まいに関する法律、税金を中心に勉強する試験
なので、不動産業や建設業などの仕事はもちろん、プライベートなど様々な場面で活躍できる
宅建資格は、今後ますます需要が増えて必要とされてくるので、昇進、昇格、収入アップの
為にも、ぜひとも取得しておきたい資格ですね。


もし、あなたが仕事が忙しくて学習時間があまり多くとれないようなら、その不利を挽回する
ためにも活用すれば、まさに鬼に金棒と言え、最短距離で宅建試験に合格したいなら参考に
してみると良いでしょう。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる








takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2015、松村保誠、バージョンアップ
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 自然に答え分かる勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 自然に答え分かる勉強法

JUGEMテーマ:宅建

 宅建試験での答えの導き方とは!?
松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、記憶を強固に
するのに役立つ「繰り返し学習」が楽に出来ることで、自然と正解を導くことが
出来るようになる勉強方法です。



>>宅建最短合格音声講座2016の詳細を見てみる



宅建試験で出題される上で攻略したいのは、「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」
の主要3科目ですね。
昨年の出題でも、この分野がおよそ8割程度占めています。


そして、ご存じのように宅建試験は四肢択一の試験であり、このような多肢選択式の
試験の特徴は、全部の肢が正しいのか、間違っているのかを判断しなくても得点が
取れることです。
その為、3つの枝の正誤さえ分かれば必ず正解出来ると言うことです。


したがって、宅建試験では出題される範囲は、最大でも75%程度の知識量があれば
いいと言うことになります。


実際には全範囲から毎年出題されるわけでもありませので、必要とされる全ての知識の
うち半分程度抑えておけば、十分に合格ラインに入れるのです。


また、比較的得点をとりやすい宅建業法などは、基礎知識があれば解ける問題が殆ど
ですので、満点を目指すべき科目でもあります。


逆に、民法を中心とした権利関係は最も難関で、暗記が通じない分野です。
理解しないと何度も同じところを間違えてしまいます。


当然ですが、宅建試験での四肢択一の正解を探し出すには、あらゆる知識を身につけて
おいた方が精度が最も高いですが、仕事や家事など働きながら合格目指すには、少ない
時間を上手に使って合格ラインに到達することが必要です。


ですので、基礎知識を必要最小限は身につけ、その上で制度趣旨を中心にし勉強し、理解
するのが近道だと思います。


宅建試験での四肢択一の問題を解く上での、判断基準はやはり基礎知識です。
ですが、基礎知識で1つに絞れない場合は、まず間違っている2肢を捨てるように
考えるといいと思います。


そして、残った2肢のどちらが正しいか判断する時に、制度趣旨で考えるようにします。
つまり、肢で問われている法令などを制定背景から、似かよった点をもとにして推測する
のです。


例えば、宅建業法は、業者の相手である一般の消費者を保護することが目的の法律なので、
宅建業者の相手の方を保護する肢が正しい確率が大きいです。
逆に言えば、業者に有利なる結論は間違いの可能性が高いということです。


また、法令上の制限は、国民の権利を保護する法令が基本となるので、私の経験からして
「〜すれば〜4することが出来る」とか「「〜することが出来ない」などで終わる表現の場合
は正しいことが多いです。


逆に「〜することが出来る」などの単純なものは、肢が誤りであることが多いように思います。
これらは、とても分かりやすい例なので、実際はもう少し制度趣旨を理解して判断すると
良いと思います。


いずれにしても、基礎知識の記憶が大切になり、その上で制度趣旨とのバランスをとりながら
勉強することが、短期間で効率的に宅建試験に合格に繋がります。


この松村保誠先生の宅建最短合格音声講座2014は、学習時間を圧倒的に短縮できます。
宅建試験に出題される一通りの内容をたった20時間40分ほどで学べるんですね。
合格するのに意味のない学習要素や無駄な説明を徹底的に排除しています。



また、理解すべきことが多い権利関係は7時間38分59秒と少しばかり収録時間が長いですが、
理解すべきところはしっかり解説してありますし、わからないことはメールでも質問できます。


その結果、「これは〇〇だからこうだろうなー」と問題の答えを推し量れるようになって
くる筈です。



もし、あなたが仕事が忙しくて学習時間があまり、たくさんとれないなら、その不利を
挽回するためにも、宅建最短合格音声講座2014の教材や勉強法を上手く活用して、最短で
合格を目指しましょう。

宅建最短合格音声講座2016の詳細を見てみる





takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、教材選び >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 教材選び

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 教材選び

JUGEMテーマ:宅建

 独学では教材選びが大切!
松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、初学者で悩む
教材選びに迷うことなく、効率よく勉強でき最短で宅建試験に合格が可能になります。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



宅建試験は、良い教材を選ぶことが独学で最短で合格するポイントですね。
とは言え、書店にはあまりにもたくさんの様々な独習本があって、どれを最初に選んで
いいのか分からなくなります。


しかし、何冊も購入する必要はありません。何冊も購入して勉強しようとすると、かえって
学習の的が絞れなくなってしまうんです。


必要な宅建教材は大きく分けると、知識をインプットする基本書と、それを確認する為の
過去問集だけです。
過去問は絶対に手に入れておきたいものです。


実際に出題された問題に慣れておく必要があるからです。
過去問題に解答と解説を加えたものが、初学者には最も分かりやすく理解しやすいでしょう。


一般に宅建試験の勉強時間は、200〜300時間と言われていますが、あくまで目安であって
同じ時間勉強しても人によって勉強内容の濃さは違うものです。


勉強は長い時間やれば良いというものではなく、長時間やれば逆に最初に勉強したことを
忘れてしまうことも良くあります。
そもそも長続きしないような計画を立てるよりも、30分でも、1時間でも集中して勉強する方が
よっぽど効果があり、効率的です。


また、睡眠時間を削って勉強することはお勧めできません。
何故なら、睡眠不足は人間の記憶力や思考力を低下させるからです。


社会人の場合はで、一番苦労するのが勉強時間の確保です。仕事をしていると、まとまった
時間がとれないものです。
ですが、細切れの時間を有効活用してコツコツと積み重ねる勉強方法で合格を手にした人も
たくさんいます。


そして、宅建試験は、ご存じのように2時間で50問正解しなければいけません。
平均すると、1問にかけられる時間は、2分強程度になり、1つの問題にじっくり時間を
かけている余裕はありません。



難しくても、やさしくても配点は同じですので、優しい問題で確実に得点を稼ぐことが
得策です。
その為には、まずしっかり学習すべきものと、それほど力を入れなくても良いものとを見分け、
優先順位をつけて勉強することです。


極端に言えば、配点が低く難問が出されるような項目は、時間に余裕がなければ勉強しなくて
よいということです。
他の重要な項目で確実に得点すれば、合格ラインの7割である35点の正解は可能になるのです。


宅建試験は、宅建主任者として、仕事をする為にも求められている知識全般が問われている
訳ですから、もちろん、全てに精通できるほどの勉強をするにこしたことはありませんが、
他に仕事を持ちながら受験準備をする人には、そのような時間はありません。


いくら重箱の隅をつつくような勉強をしても、実践で使えなければ意味がありません。
したがって、試験で何が問われているのかを瞬時に掴み、答えを導き出せる力をつける必要が
あります。



この松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、なじみのない法律文章に
対し、読解力、理解力、そのスピードを3拍子で一発改善することが可能です。
つまり、試験に勝てる「頭の回転の速さ」を身に付けることができるんですね。



その他にも、模擬試験についてのアドバイスや、受験日前日、当日の心得や解答の仕方など、
細やかな点までフォローしてくれるので、市販の教材を何冊も買って独学で勉強では得られない、
学習時間を圧当的に短縮でき、記憶力のアップ、学習のストレスを軽減できるので、最短で
合格したい方にはお勧めです。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる





takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、教材選び
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 記憶を高める勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 記憶を高める勉強法

JUGEMテーマ:宅建

 曖昧な知識より、確実な理解を!
松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、基礎知識の
記憶を高められ、2、3か月という短期間でも合格圏内に入れる得点が取れる
勉強法です。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



突然ですが、あなたの宅建試験の基本方針は何ですか?


私が思うに、全分野の不確実な知識より、特定の分野についての確実な知識を得る
勉強法をした方が良いと思うんですね。


宅建試験の広範囲の出題される可能性がある全ての分野を勉強したとして、その結果が
曖昧な知識しか身についていないのでは宅建試験での四肢択一のうちの2つも捨てる
ことが出来ません。


つまり、宅建試験は合格出来れば良いわけで、満点をとる必要はないという事です。
満点をとろうとすると、どうしても勉強する範囲が広くなりすぎて、限られた時間では
基礎知識を身につけることが出来ません。


宅建試験に臨む人は、殆どが仕事や家事など、時間がない中でやりくりして勉強を
しなければならないので、勉強する項目や要点を絞ってやることが大切です。


もちろん、絞り込んだところについては、どんな問題が出ても必ず正解が出来るように
勉強をする必要があります。


宅建試験は、四肢択一の50問ですので、身につけた知識を生かして解ける問題の数は
30問くらいあれば十分だと思います。


残り20問のうち、10問は頑張って食らいついて6問くらいは正解出来るように
して、あとの10問は勘で解いたとしても、合格圏内に入れる筈です。


そして、この勉強法の決め手となるのが、解ける問題の精度を上げることです。
解ける基礎問題の30問の内、9割解ければ35点はとれるようになるので
宅建試験に合格出来るのは間違いないと思います。


また、仮に基礎問題が25問しか出なかったとしても、そのうちの9割を正解して、
残り25問中の15問を知識で4つの内の2肢まで絞ることが出来れば、同じように
35点前後は取れるので合格出来ます。


ですので、知識で解けるという問題が30問以上に達することが出来るまで、インプット
出来る数を増やし、基礎問題の正解する精度を9割りまで高めるように勉強する必要が
あります。



この様に、20問は捨てても、30問でも宅建試験に合格出来る得点を取るには、
可能ということです。
そして、この松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、基礎知識
を確実に身につけるには最適な勉強法です。


耳からの音声講義のインプットによる学習をすることで、テキストを見るだけより
圧倒的に記憶することが出来るようになり、最短で宅建試験に合格出来るように
なれる筈です。



記憶力に不安がある勉強が苦手な人でも、ストレスなく基礎知識が身に付きますので、
効率的な勉強して、一発で合格したい方や、今年こそ絶対に宅建試験に受かりたい方は
参考にしてみて下さい。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる







takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 勉強法

JUGEMテーマ:宅建

 四肢択一式試験の特徴を掴もう!
宅建講師の松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、四肢択一式
の特徴をつかみ、最短で合格が可能になる勉強法です。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



宅建試験の特徴は、ご存じのように四肢択一式の試験ですね。


その為、四つの選択肢の中から正しいものはどれか、誤っているものはどれかという
出題形式が中心に行われます。出題数は50問(5問免除制度適用者は45問)です。


また、最近は、正解を選ぶだけではなく、いくつ正しいものはあるかという数を当てる
ような問題や、間違っているものの組み合わせはどれかなどの問題も出題されていますね。


いずれにしても、主に4つの選択肢の中から1つを選ぶというものなので、試験自体としては
単純な方式と言えると思います。


また、私たちの日常生活の多くは、答えがあるかどうかわからないまま働いていることが
殆どで、そういった意味では、考え方によっては正解が必ずあるという四肢択一式の試験と
いうのは楽かもしれません。


とは言え、その正解の探し方が問題になるわけです。
そして、答えの出し方には、多くの知識を身につけて問題を解くという勉強方法がありますね。
これは、確かに正解を探しだす精度はあがりますが、勉強量が合格に必要な最低ラインを大幅に
超えてしまうことがあるでしょう。


もちろん、宅建試験の四肢択一式の答えを選ぶには知識は必要ですが、それらを全て覚えようと
したら脳がパンクしちゃいますよね。


しかも、多くの人は仕事や家事など、何かしら働きながら、時間をやりくりして勉強している
人が多いので、そんな勉強法をしていたら、睡眠不足で試験が近づくにつれて顔色が悪くなり、
体を崩しかねません。


また、宅建試験当日に、これまでに見たことのないような問題が出たら頭が真っ白になって
正常な判断が出来なくなるかもしれません。


ですので、普段働いている方など、忙しい時間をやりくりして合格ラインに到達する為には、
少ない時間を効率よく活用する勉強法がベストです。



また、その勉強量に合わせて最も効率的に四肢択一式の試験問題から正解を探しだし、合格
を勝ち取る為には、宅建試験問題の意図するところを中心に勉強し理解するのが最も近道です。



もちろん、必要最小限の基礎知識はどうしても必要になります。そして、問題なのは、どの程度の
基礎知識を身につければいいのかということです。


ですが、そのような問題もこの松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」の、
勉強法はなじみのない法律文章に対しても、読解力、理解力、そのスピードを改善することが
出来ます。



少ない時間を上手に活用して最短で合格ラインに到達することを目的とした勉強法になっています
ので、既に実践されたおよそ勉強とは縁のなさそうな受講生もみんなこの講座を受講して、拍子
抜けするほど、あっさりと合格しているので、今年こそは絶対合格した方や、最短で一発で
宅建試験に合格したい方は試しても損はないでしょう。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる






takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、中高年 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 中高年に最適

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 中高年に最適

JUGEMテーマ:宅建

 中高年が最短で合格するには無理して分かろうとするな!
宅建講師の松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、中高年の方が
多く最短で合格出来ている勉強法です。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



宅建試験の合格者の平均年齢は30歳を超えていることをご存じですか?


国家試験の中では比較的年齢が高いと言ってもいいですね。
これは、言いかえれば中高年の方の合格者が多いということです。


ですが、宅建試験の中高年の受験者の人が受かりやすいかというと、そうとも言えません。
宅建試験はご存じのようにある程度の一定の基礎知識を身につけないと合格ラインに入る
ことが出来ません。


当然、人間の記憶力は年齢を重ねるほど落ちてきます。実際に、20代中ばから
低下率が大きくなると言われていて、丸暗記は難しくなってきます。


その為、中高年になるにしたがって、自分が理解して納得したことでないと覚えられなく
なってくるものです。


そして、理解して記憶するという順序が中高年の方はいいのですが、分からないこと
が出てくるとそこで立ち止まってしまいがちです。
これが、中高年の方の成績が伸び悩んでいる理由とも言えます。


そして、この松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、そんな
中高年の方が多く既に合格されてます。


その理由として、音声で耳を使うことで、テキストを見るだけより圧倒的に記憶する
ことが楽になるんですね。
通常速度で20時間40分、2倍速なら10時間20分で一通りの内容を学ぶことができますので、
復習や記憶の定着に活用できるんです。



無理に覚えようとせずとも知らず知らずのうちに頭に染み込んできます。


また重要な理解すべきところは、しっかり解説してあり、わからないことがあった
場合も、受講生専用メールアドレスから質問も出来るので、分かるようになってくる
筈です。


このように忙しい中高年の方でも、無理せずに記憶の定着が図れ、楽に勉強できるんです。
中高年の方は、勉強時間も思うようにとれないということや、記憶力も落ちてきますので、
如何に効率よく、楽に記憶の定着が図れるかです。



そして、松村先生のこの宅建最短合格音声講座を受講すれば、それが可能になり、あなたの
今年度の宅建試験に合格できる可能性がグッと高くなるでしょう。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる




takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、中高年

ブログランキング

資格
ランキングはこちらをクリック!
  • SEOブログパーツ

人気の宅建講座

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Sponsored Links

Recommend

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode