Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 自然に答え分かる勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 自然に答え分かる勉強法

JUGEMテーマ:宅建

 宅建試験での答えの導き方とは!?
松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、記憶を強固に
するのに役立つ「繰り返し学習」が楽に出来ることで、自然と正解を導くことが
出来るようになる勉強方法です。



>>宅建最短合格音声講座2016の詳細を見てみる



宅建試験で出題される上で攻略したいのは、「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」
の主要3科目ですね。
昨年の出題でも、この分野がおよそ8割程度占めています。


そして、ご存じのように宅建試験は四肢択一の試験であり、このような多肢選択式の
試験の特徴は、全部の肢が正しいのか、間違っているのかを判断しなくても得点が
取れることです。
その為、3つの枝の正誤さえ分かれば必ず正解出来ると言うことです。


したがって、宅建試験では出題される範囲は、最大でも75%程度の知識量があれば
いいと言うことになります。


実際には全範囲から毎年出題されるわけでもありませので、必要とされる全ての知識の
うち半分程度抑えておけば、十分に合格ラインに入れるのです。


また、比較的得点をとりやすい宅建業法などは、基礎知識があれば解ける問題が殆ど
ですので、満点を目指すべき科目でもあります。


逆に、民法を中心とした権利関係は最も難関で、暗記が通じない分野です。
理解しないと何度も同じところを間違えてしまいます。


当然ですが、宅建試験での四肢択一の正解を探し出すには、あらゆる知識を身につけて
おいた方が精度が最も高いですが、仕事や家事など働きながら合格目指すには、少ない
時間を上手に使って合格ラインに到達することが必要です。


ですので、基礎知識を必要最小限は身につけ、その上で制度趣旨を中心にし勉強し、理解
するのが近道だと思います。


宅建試験での四肢択一の問題を解く上での、判断基準はやはり基礎知識です。
ですが、基礎知識で1つに絞れない場合は、まず間違っている2肢を捨てるように
考えるといいと思います。


そして、残った2肢のどちらが正しいか判断する時に、制度趣旨で考えるようにします。
つまり、肢で問われている法令などを制定背景から、似かよった点をもとにして推測する
のです。


例えば、宅建業法は、業者の相手である一般の消費者を保護することが目的の法律なので、
宅建業者の相手の方を保護する肢が正しい確率が大きいです。
逆に言えば、業者に有利なる結論は間違いの可能性が高いということです。


また、法令上の制限は、国民の権利を保護する法令が基本となるので、私の経験からして
「〜すれば〜4することが出来る」とか「「〜することが出来ない」などで終わる表現の場合
は正しいことが多いです。


逆に「〜することが出来る」などの単純なものは、肢が誤りであることが多いように思います。
これらは、とても分かりやすい例なので、実際はもう少し制度趣旨を理解して判断すると
良いと思います。


いずれにしても、基礎知識の記憶が大切になり、その上で制度趣旨とのバランスをとりながら
勉強することが、短期間で効率的に宅建試験に合格に繋がります。


この松村保誠先生の宅建最短合格音声講座2014は、学習時間を圧倒的に短縮できます。
宅建試験に出題される一通りの内容をたった20時間40分ほどで学べるんですね。
合格するのに意味のない学習要素や無駄な説明を徹底的に排除しています。



また、理解すべきことが多い権利関係は7時間38分59秒と少しばかり収録時間が長いですが、
理解すべきところはしっかり解説してありますし、わからないことはメールでも質問できます。


その結果、「これは〇〇だからこうだろうなー」と問題の答えを推し量れるようになって
くる筈です。



もし、あなたが仕事が忙しくて学習時間があまり、たくさんとれないなら、その不利を
挽回するためにも、宅建最短合格音声講座2014の教材や勉強法を上手く活用して、最短で
合格を目指しましょう。

宅建最短合格音声講座2016の詳細を見てみる





takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 記憶を高める勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 記憶を高める勉強法

JUGEMテーマ:宅建

 曖昧な知識より、確実な理解を!
松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、基礎知識の
記憶を高められ、2、3か月という短期間でも合格圏内に入れる得点が取れる
勉強法です。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



突然ですが、あなたの宅建試験の基本方針は何ですか?


私が思うに、全分野の不確実な知識より、特定の分野についての確実な知識を得る
勉強法をした方が良いと思うんですね。


宅建試験の広範囲の出題される可能性がある全ての分野を勉強したとして、その結果が
曖昧な知識しか身についていないのでは宅建試験での四肢択一のうちの2つも捨てる
ことが出来ません。


つまり、宅建試験は合格出来れば良いわけで、満点をとる必要はないという事です。
満点をとろうとすると、どうしても勉強する範囲が広くなりすぎて、限られた時間では
基礎知識を身につけることが出来ません。


宅建試験に臨む人は、殆どが仕事や家事など、時間がない中でやりくりして勉強を
しなければならないので、勉強する項目や要点を絞ってやることが大切です。


もちろん、絞り込んだところについては、どんな問題が出ても必ず正解が出来るように
勉強をする必要があります。


宅建試験は、四肢択一の50問ですので、身につけた知識を生かして解ける問題の数は
30問くらいあれば十分だと思います。


残り20問のうち、10問は頑張って食らいついて6問くらいは正解出来るように
して、あとの10問は勘で解いたとしても、合格圏内に入れる筈です。


そして、この勉強法の決め手となるのが、解ける問題の精度を上げることです。
解ける基礎問題の30問の内、9割解ければ35点はとれるようになるので
宅建試験に合格出来るのは間違いないと思います。


また、仮に基礎問題が25問しか出なかったとしても、そのうちの9割を正解して、
残り25問中の15問を知識で4つの内の2肢まで絞ることが出来れば、同じように
35点前後は取れるので合格出来ます。


ですので、知識で解けるという問題が30問以上に達することが出来るまで、インプット
出来る数を増やし、基礎問題の正解する精度を9割りまで高めるように勉強する必要が
あります。



この様に、20問は捨てても、30問でも宅建試験に合格出来る得点を取るには、
可能ということです。
そして、この松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、基礎知識
を確実に身につけるには最適な勉強法です。


耳からの音声講義のインプットによる学習をすることで、テキストを見るだけより
圧倒的に記憶することが出来るようになり、最短で宅建試験に合格出来るように
なれる筈です。



記憶力に不安がある勉強が苦手な人でも、ストレスなく基礎知識が身に付きますので、
効率的な勉強して、一発で合格したい方や、今年こそ絶対に宅建試験に受かりたい方は
参考にしてみて下さい。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる







takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 勉強法

JUGEMテーマ:宅建

 四肢択一式試験の特徴を掴もう!
宅建講師の松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、四肢択一式
の特徴をつかみ、最短で合格が可能になる勉強法です。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



宅建試験の特徴は、ご存じのように四肢択一式の試験ですね。


その為、四つの選択肢の中から正しいものはどれか、誤っているものはどれかという
出題形式が中心に行われます。出題数は50問(5問免除制度適用者は45問)です。


また、最近は、正解を選ぶだけではなく、いくつ正しいものはあるかという数を当てる
ような問題や、間違っているものの組み合わせはどれかなどの問題も出題されていますね。


いずれにしても、主に4つの選択肢の中から1つを選ぶというものなので、試験自体としては
単純な方式と言えると思います。


また、私たちの日常生活の多くは、答えがあるかどうかわからないまま働いていることが
殆どで、そういった意味では、考え方によっては正解が必ずあるという四肢択一式の試験と
いうのは楽かもしれません。


とは言え、その正解の探し方が問題になるわけです。
そして、答えの出し方には、多くの知識を身につけて問題を解くという勉強方法がありますね。
これは、確かに正解を探しだす精度はあがりますが、勉強量が合格に必要な最低ラインを大幅に
超えてしまうことがあるでしょう。


もちろん、宅建試験の四肢択一式の答えを選ぶには知識は必要ですが、それらを全て覚えようと
したら脳がパンクしちゃいますよね。


しかも、多くの人は仕事や家事など、何かしら働きながら、時間をやりくりして勉強している
人が多いので、そんな勉強法をしていたら、睡眠不足で試験が近づくにつれて顔色が悪くなり、
体を崩しかねません。


また、宅建試験当日に、これまでに見たことのないような問題が出たら頭が真っ白になって
正常な判断が出来なくなるかもしれません。


ですので、普段働いている方など、忙しい時間をやりくりして合格ラインに到達する為には、
少ない時間を効率よく活用する勉強法がベストです。



また、その勉強量に合わせて最も効率的に四肢択一式の試験問題から正解を探しだし、合格
を勝ち取る為には、宅建試験問題の意図するところを中心に勉強し理解するのが最も近道です。



もちろん、必要最小限の基礎知識はどうしても必要になります。そして、問題なのは、どの程度の
基礎知識を身につければいいのかということです。


ですが、そのような問題もこの松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」の、
勉強法はなじみのない法律文章に対しても、読解力、理解力、そのスピードを改善することが
出来ます。



少ない時間を上手に活用して最短で合格ラインに到達することを目的とした勉強法になっています
ので、既に実践されたおよそ勉強とは縁のなさそうな受講生もみんなこの講座を受講して、拍子
抜けするほど、あっさりと合格しているので、今年こそは絶対合格した方や、最短で一発で
宅建試験に合格したい方は試しても損はないでしょう。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる






takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法

ブログランキング

資格
ランキングはこちらをクリック!
  • SEOブログパーツ

人気の宅建講座

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Sponsored Links

Recommend

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode