Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法 >> 格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 記憶を高める勉強法

格安!宅建最短合格音声講座2014 松村保誠 記憶を高める勉強法

JUGEMテーマ:宅建

 曖昧な知識より、確実な理解を!
松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、基礎知識の
記憶を高められ、2、3か月という短期間でも合格圏内に入れる得点が取れる
勉強法です。



>>宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる



突然ですが、あなたの宅建試験の基本方針は何ですか?


私が思うに、全分野の不確実な知識より、特定の分野についての確実な知識を得る
勉強法をした方が良いと思うんですね。


宅建試験の広範囲の出題される可能性がある全ての分野を勉強したとして、その結果が
曖昧な知識しか身についていないのでは宅建試験での四肢択一のうちの2つも捨てる
ことが出来ません。


つまり、宅建試験は合格出来れば良いわけで、満点をとる必要はないという事です。
満点をとろうとすると、どうしても勉強する範囲が広くなりすぎて、限られた時間では
基礎知識を身につけることが出来ません。


宅建試験に臨む人は、殆どが仕事や家事など、時間がない中でやりくりして勉強を
しなければならないので、勉強する項目や要点を絞ってやることが大切です。


もちろん、絞り込んだところについては、どんな問題が出ても必ず正解が出来るように
勉強をする必要があります。


宅建試験は、四肢択一の50問ですので、身につけた知識を生かして解ける問題の数は
30問くらいあれば十分だと思います。


残り20問のうち、10問は頑張って食らいついて6問くらいは正解出来るように
して、あとの10問は勘で解いたとしても、合格圏内に入れる筈です。


そして、この勉強法の決め手となるのが、解ける問題の精度を上げることです。
解ける基礎問題の30問の内、9割解ければ35点はとれるようになるので
宅建試験に合格出来るのは間違いないと思います。


また、仮に基礎問題が25問しか出なかったとしても、そのうちの9割を正解して、
残り25問中の15問を知識で4つの内の2肢まで絞ることが出来れば、同じように
35点前後は取れるので合格出来ます。


ですので、知識で解けるという問題が30問以上に達することが出来るまで、インプット
出来る数を増やし、基礎問題の正解する精度を9割りまで高めるように勉強する必要が
あります。



この様に、20問は捨てても、30問でも宅建試験に合格出来る得点を取るには、
可能ということです。
そして、この松村保誠先生の格安の音声講座「宅建最短合格音声講座2014」は、基礎知識
を確実に身につけるには最適な勉強法です。


耳からの音声講義のインプットによる学習をすることで、テキストを見るだけより
圧倒的に記憶することが出来るようになり、最短で宅建試験に合格出来るように
なれる筈です。



記憶力に不安がある勉強が苦手な人でも、ストレスなく基礎知識が身に付きますので、
効率的な勉強して、一発で合格したい方や、今年こそ絶対に宅建試験に受かりたい方は
参考にしてみて下さい。

宅建最短合格音声講座の詳細を見てみる







takkenkouza12 | - | - | pookmark | category:格安、宅建最短合格音声講座2014、松村保誠、勉強法
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-

ブログランキング

資格
ランキングはこちらをクリック!
  • SEOブログパーツ

人気の宅建講座

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Sponsored Links

Recommend

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode